ナゴヤドームで球児の熱闘!
2005年07月29日

ナゴヤドームで球児の熱闘!

全国高校野球選手権愛知大会は準決勝から
舞台をナゴヤドームに移します。
ドームでは全国初だそうです。


◆愛工大名電vs豊田西

◆豊田大谷vs東邦

の4校が決勝を目指します。


母校は残っていませんが、地元中学出身の
球児が何人かいますし、プロ注目の東邦木下投手
などに注目しています。


中でも注目は愛工大名電の堂上直倫選手です。
父はドラゴンズの投手として活躍、現在は
昇竜館の館長を務める堂上照氏です。
そして兄はドラゴンズ選手である堂上剛裕選手。


ドラゴンズファンとしては応援しがいの
ある選手なんですね。
お兄さんは今年ファームの試合でドームデビュー
しています。


今度は直倫選手の出番です。
ナゴヤドームのスタンドに叩き込んで
欲しいと思います。

実は中3の時ドラゴンズファン感謝デーで
福留選手の投げた球をホームランしています。


甲子園を目指して頑張って欲しいです。
そして他球団のファンがうらやましがるくらいの
大活躍をして欲しいですね。
posted by ドラゴンズブルー at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5441875

この記事へのトラックバック

高校野球情報〜全国で14校代表決定
Excerpt: 福岡県大会決勝 柳川4−2戸畑商(3年ぶり8回目)戸畑商は決勝まで残るだけあって、基本に忠実な野球をしてきた。まずバントがうまい。送りバントを絶妙な位置に転がしてくる。守備が鍛えられている。柳川は渡辺..
Weblog: かんつのひとりごと
Tracked: 2005-07-29 09:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。